トランペット用マウスピース を買うなら山野楽器 管楽器オンラインショップで 2/5ページ

絞り込み項目

ジャンル

トランペット用マウスピース

表示方法:
ピックアップ
一覧
詳細一覧
サムネイル
並べ替え:
掲載日
掲載日+商品名
商品コード
商品名
価格(安い順)
価格(高い順)
54件あります
  • LASKEY Trumpet “68MC”
    (Silver)
    リムサイズ:SCHILKE 15相当
    販売価格:
    ¥12,903(税込)
    ¥11,730(税抜)
    在庫:
    Schilke(シルキー)のカスタムマウスピースを製作していた Scott Laskey(スコット・ラスキー)氏が独立し、20年に渡り製作していたハンドメイドマウスピース。
    Scott Laskey(スコット・ラスキー)氏はSchilke(シルキー)在職時から多くのプロプレイヤーと接し、それぞれの要望に応えるマウスピースを製作してきました。
    その豊富な経験とデータを元にして、独自のラインナップを完成させました。

    その Scott Laskey(スコット・ラスキー)氏が2018年8月に逝去したため、今後はラスキー氏本人の手によるマウスピースは生前流通したものしか入手できなくなります。

    ラスキーのマウスピースはフィット感の良いリムで、クリアかつ倍音豊かなサウンドが特長です。
    ラスキー氏本人も、シルキー時代は正確な音程を重要視していたが、独立後はその先の微妙な音色感、アーティキュレーションを重要視して製作していると語っていたそうです。
    また、吹奏感もほど良いバックエアがあり、はじめての方でも扱いやすいマウスピースの1つです。

    今後、入手困難になることが予想されるマウスピース。
    実用性のあるマウスピースであることはもちろんですが、コレクションの1つにもいかがでしょうか。


    ・68MC
    内径:0.668”(16.96mm)/SCHILKE 15相当
    スロートサイズ:#27(3.66mm)
    カップ:Medium Shallow (カップ上部は適度に浅く、下部は音色作りのために深くなっている)
    銀メッキ仕上げ


    ※製造時期により、モデル名刻印やパッケージが異なる場合がございます。
    ※マウスピースはメッキ検品、店内試奏のため、入荷時に内袋から取り出しています。
     また、店頭でも試奏、販売しているため、若干の試奏痕がある場合がございます。
    ※店頭にて箱から出し入れをしているため、箱に割れなどのダメージがある場合がございます。
    ※輸入元・当店の検品基準にもとづき商品の選別はしておりますが、輸入商品につき演奏には支障のない 若干のメッキむらや輸送中についてしまった擦り傷、打痕などがある場合がございます。
    何とぞ、ご了承ください。

    ※こちらの販売価格は、山野楽器 管楽器オンラインショップ(ウインドクルー掲載分)のみの販売価格となります。山野楽器各店での取り扱い価格、サービス内容は異なる場合がございます。
    ※こちらの商品は店頭販売もしておりますので、ご注文をいただいた時点で、既に販売済みや商談中になっている場合がございます。
    店舗でのご試奏やご購入をお考えの方は、事前に在庫の有無をご確認いただけますようお願いいたします。


  • GR Eric Miyashiro Model “Studio M”
    (Silver)
    エリック・ミヤシロモデル
    販売価格:
    ¥46,035(税込)
    ¥41,850(税抜)
    在庫:
    現在全世界でもっとも注目を集めていると言っても過言ではないアメリカのトランペット用マウスピースメーカー、“GR”
    創業者の Gary Radtke(ギャリー・ラドキー)氏をはじめとしたメンバーは物理学や音響学を駆使し、独自のデザイン設計を確立しました。

    マウスピースの良し悪し、楽器・奏者との相性を決定づける要素には、ギャップやスロート、バックボア、リムなど多くの部分のバランスによって決定されていることは言うまでもありません。
    “GR”はそれらのバランスを長年の研究の末、理論的に数値化しています。
    その理論に基づき製造されたマウスピースは音色、響き、レスポンス、イントネーションどれをとっても優れたバランスを誇り、手にしたプレイヤーを期待以上に満足させ続けています。

    “GR社”は世界的なトランペットプレイヤー、 Eric Miyashiro(エリック・ミヤシロ)氏 と2014年からシグネチャーモデルの開発をスタートし、ついに完成しました!

    こちらの“Studio M”はEric Miyashiro(エリック・ミヤシロ)氏のために新たにデザインされたリムに、GRマウスピースの中でもっとも人気の高い“M Cup”“#2バックボア”を組み合わせたマウスピースです。

    リム内径は数値上は.630”(16.00mm)ですが、柔軟性に富んでおり、窮屈な感覚がしません。快適な感触、クリアな発音を実現しています。
    また、“M Cup”と“#2バックボア”の組み合わせは、ジャズ、ポピュラー音楽からシンフォニックまであらゆる演奏スタイルに対応した非常に人気の高いデザイン。
    Eric Miyashiro(エリック・ミヤシロ)氏本人がメインで愛用する“Studio Lead”に比べるとやや深いカップで、セクションワークやソロプレイにもお薦めです。
    リードプレイの時はStudio Lead、コンボの時やサイドを吹く時はこちらの“Studio M”をという使い分けをしても違和感なく移行できます。

    いずれも倍音豊かで存在感のあるサウンドを奏でることができます。
    非常に完成度の高い優れたマウスピースとして自身を持ってお薦めいたします。

    ・Eric Miyashiro Model “Studio M”
    カップ内径:0.630”(16.0mm)
    カップ:M
    バックボア:#2
    銀メッキ仕上げ
    ※ご本人愛用のものに基づいたスペックのマウスピースです。そのためGRの他のモデルに比べて約1mm レシーバーには入らない(ギャップのできる)仕様となります。

    ※製造時期により、モデル名刻印やパッケージが異なる場合がございます。
    ※マウスピースはメッキ検品、店内試奏のため、入荷時に内袋から取り出しています。
     また、店頭でも試奏、販売しているため、若干の試奏痕がある場合がございます。
    ※輸入元・当店の検品基準にもとづき商品の選別はしておりますが、輸入商品につき演奏には支障のない 若干のメッキむらや輸送中についてしまった擦り傷などがある場合がございます。 何とぞ、ご了承ください。


    ■ご購入に関するご案内
    ※こちらの販売価格は、山野楽器 管楽器オンラインショップ(山野楽器ウインドクルー掲載分)のみの販売価格となります。山野楽器各店での取り扱い価格、サービス内容は異なる場合がございます。
    ※こちらの商品は店頭販売もしておりますので、ご注文をいただいた時点で、既に販売済みや商談中になっている場合がございます。店舗でのご試奏やご購入をお考えの方は、事前に在庫の有無をご確認いただけますようお願いいたします。
  • GR Eric Miyashiro Model “Studio Lead”
    (Silver)
    エリック・ミヤシロモデル
    販売価格:
    ¥46,035(税込)
    ¥41,850(税抜)
    在庫:
    現在全世界でもっとも注目を集めていると言っても過言ではないアメリカのトランペット用マウスピースメーカー、“GR”
    創業者の Gary Radtke(ギャリー・ラドキー)氏をはじめとしたメンバーは物理学や音響学を駆使し、独自のデザイン設計を確立しました。

    マウスピースの良し悪し、楽器・奏者との相性を決定づける要素には、ギャップやスロート、バックボア、リムなど多くの部分のバランスによって決定されていることは言うまでもありません。
    “GR”はそれらのバランスを長年の研究の末、理論的に数値化しています。
    その理論に基づき製造されたマウスピースは音色、響き、レスポンス、イントネーションどれをとっても優れたバランスを誇り、手にしたプレイヤーを期待以上に満足させ続けています。

    “GR社”は世界的なトランペットプレイヤー、 Eric Miyashiro(エリック・ミヤシロ)氏 と2014年からシグネチャーモデルの開発をスタートし、ついに完成しました!

    こちらの“Studio Lead”はEric Miyashiro(エリック・ミヤシロ)氏がメインで愛用するマウスピース。
    数値上は内径.630”(16.00mm)ですが、Eric Miyashiro(エリック・ミヤシロ)氏のために新たに設計されたリム形状は柔軟性に富んでおり、窮屈な感覚がしません。快適な感触、クリアな発音を実現しています。
    普段、GRの“64”のリムのマウスピースを演奏される方のもお薦めです。

    カップやバックボアも新たにデザインされ、リードプレイ向きのマウスピースでありながら瞬発力とオープンで幅広い響きを兼ねそなえ、存在感のあるサウンドを奏でることができます。
    非常に完成度の高い優れたマウスピースとして自身を持ってお薦めいたします。

    ・Eric Miyashiro Model “Studio Lead”
    カップ内径:0.630”(16.0mm)
    バックボア:新開発T76
    銀メッキ仕上げ
    ※ご本人愛用のものとまったく同じスペックのマウスピースです。そのためGRの他のモデルに比べて約1mm レシーバーには入らない(ギャップのできる)仕様となります。

    ※製造時期により、モデル名刻印やパッケージが異なる場合がございます。
    ※マウスピースはメッキ検品、店内試奏のため、入荷時に内袋から取り出しています。
     また、店頭でも試奏、販売しているため、若干の試奏痕がある場合がございます。
    ※輸入元・当店の検品基準にもとづき商品の選別はしておりますが、輸入商品につき演奏には支障のない 若干のメッキむらや輸送中についてしまった擦り傷などがある場合がございます。 何とぞ、ご了承ください。


    ■ご購入に関するご案内
    ※こちらの販売価格は、山野楽器 管楽器オンラインショップ(山野楽器ウインドクルー掲載分)のみの販売価格となります。山野楽器各店での取り扱い価格、サービス内容は異なる場合がございます。
    ※こちらの商品は店頭販売もしておりますので、ご注文をいただいた時点で、既に販売済みや商談中になっている場合がございます。店舗でのご試奏やご購入をお考えの方は、事前に在庫の有無をご確認いただけますようお願いいたします。
  • Jun's Renaissance Brassworks Resonan Sutra JRB 2G
    (Green Gold)
    販売価格:
    ¥41,800(税込)
    ¥38,000(税抜)
    在庫:
    国内外問わず、話題沸騰の“Jun’s Renaissance Brassworks(ジュンズ・ルネッサンス・ブラスワークス)”。

    プロの演奏家としての経験も豊富な池辺純氏により、自らに経験と独自の発想のもと製作されています。
    リム、カップ、バックボアの形状、マウスピース自体の肉厚を綿密に計算し、削り出したこのマウスピースは口当たり、吹奏感、ピッチセンター、楽器の鳴り、どれをとっても最高峰です。

    こちらの“Resonan Sutra シリーズ”ロータリートランペットとのマッチングを想定して製作されたマウスピースです。

    外形は“Symphony Masterシリーズ” と同じ“Giga Tone”と名付けられた独特な形状。バックボアはウィーンタイプのものをベースに製作されています。
    メッキはグリーンゴールドを採用し、落ち着きのある高級感を醸し出しています。

    こちらの JRB 2G “JRB 2-1”のリムで、ロータリートランペットを想定し設計された深いカップを採用しています。

    “Giga Tone”のこの特殊な外形はご覧のとおり、重量のあるマウスピースですが、サウンドが単調で表現力が乏しくなりがちという一般的なヘビータイプマウスピースの問題点を改善すべく、設計されました。
    重量のあるマウスピースの利点を最大限に活かしながら、アンサンブルの中で自然に溶け込み、ここぞという時は抜ける音色。
    包み込むような暖かさから氷点下を思わせる冷たさまで、自由な音楽表現を可能にしました。

    ピストントランペット用マウスピースで確固たる地位を築いた“Jun’s Renaissance Brassworks”のロータリートランペットを想定したマウスピース。
    ぜひ、お試しください。

    製作者「池辺純氏」からのコメント
    リムサイズ「JRB 2-1について」
    セミフラットリムではあるものの“JRB 3-1”に比べて比較的フラットにし、口径が大きめのマウスピースに有りがちな捕らえ所の無い拡散タイプのサウンドをコンパクトにまとまりのあるものできるようにしました。
    口径が“JRB 3-1”に比べて半段階から1段階大きくなるように造ってあります。
    1-1/2Cでちょっと窮屈に感じている方、1-1/4Cの口径が好きだが口径の移行ができずに何となくモヤモヤしている方、リフレッシュしたい方にお薦めです。

    ※仕様、外観および価格は予告無く変更される場合がございます。
    ※手工業的に製作されているため、演奏感覚的に影響のない小さな傷などがリムなどにもある場合がございます。また、演奏には支障のない若干のメッキむらがある場合がございます。
    ※こちらのマウスピースには製品用のポーチや化粧箱はございません。
    ※製造時期により、モデル名刻印などが異なる場合がございます。
    ※マウスピースは店頭でも販売しているため、多少の試奏痕がある場合がございます。
    何とぞ、ご了承ください。


    ■ご購入に関するご案内
    ※こちらの販売価格は、山野楽器 管楽器オンラインショップ(仙台店2F管楽器フロア掲載分)のみの販売価格となります。山野楽器各店での取り扱い価格、サービス内容は異なる場合がございます。
    ※こちらの商品は店頭販売もしておりますので、ご注文をいただいた時点で、既に販売済みや商談中になっている場合がございます。店舗でのご試奏やご購入をお考えの方は、事前に在庫の有無をご確認いただけますようお願いいたします。
    ※梱包の都合上、発送まで1週間ほどいただく場合がございます。
  • Jun's Renaissance Brassworks JRB P2 (Cornet Shank)
    (Gold)
    販売価格:
    ¥35,200(税込)
    ¥32,000(税抜)
    在庫:
    国内外問わず、話題沸騰の“Jun’s Renaissance Brassworks”のトランペット用マウスピース。

    プロの演奏家としても活躍する池辺純氏による完全ハンドメイド。
    自らの経験と独自の発想のもと製作されています。
    リム、カップ、バックボアの形状、マウスピース自体の肉厚を綿密に計算し、削り出したこのマウスピースは口当たり、吹奏感、ピッチセンター、楽器の鳴り、どれをとっても最高峰です。

    こちらの“JRB P2”はピッコロトランペットなどの高音域用マウスピースの決定版して人気を博している“JRB P1”とリムは基本的に同じで若干カップに容量を持たせたモデルです。

    また、“Sonic Mouthpiece”と名付けられたこの外形はマウスピースから楽器側までの肉厚を考慮してデザイン。
    リム側を厚めにしてカップ、バックボアと肉厚が段々薄くなり楽器側に繋がっていきます。 こうすることにより楽器本体がより共鳴しやすくなります。 リムで余分な振動のブレを抑えて楽器管体で存分に共鳴されます。

    今まで、ピッコロトランペット用のマウスピースの選択に苦労されていた方も多いはず。
    先ずはこちらをお試しください!

    ※こちらのマウスピースはコルネットシャンクです。


    製作者「池辺純氏」からのコメント
    こちらの“P2”は今まで出していた“P1”よりもホンのちょっとカップに容量があるタイプですがリムは基本的に“P1”と同じです。

    通常のBb、C管でちょっと深めのマウスピースを使われていてBACHなどでいうEカップなどへの移行が難しく感じている方やEカップだとちょっと甲高く感じてもう少しふくよかさが欲しい方にお薦めです。
    いわゆるDカップとはちょっと違うかもしれません。
    先入観無しで試されてみていただけたら幸いです。
    仕上げは金メッキ3ミクロン、下地銀メッキ3ミクロンを施しております。


    ※仕様、外観および価格は予告無く変更される場合がございます。
    ※手工業的に製作されているため、演奏感覚的に影響のない小さな傷などがリムなどにもある場合がございます。また、演奏には支障のない若干のメッキむらがある場合がございます。
    ※こちらのマウスピースには製品用のポーチや化粧箱はございません。
    ※製造時期により、モデル名刻印などが異なる場合がございます。
    ※マウスピースは店頭でも販売しているため、多少の試奏痕がある場合がございます。
    何とぞ、ご了承ください。


    ■ご購入に関するご案内
    ※こちらの販売価格は、山野楽器 管楽器オンラインショップ(仙台店2F管楽器フロア掲載分)のみの販売価格となります。山野楽器各店での取り扱い価格、サービス内容は異なる場合がございます。
    ※こちらの商品は店頭販売もしておりますので、ご注文をいただいた時点で、既に販売済みや商談中になっている場合がございます。店舗でのご試奏やご購入をお考えの方は、事前に在庫の有無をご確認いただけますようお願いいたします。
    ※梱包の都合上、発送まで1週間ほどいただく場合がございます。
  • Jun's Renaissance Brassworks JRB P2 (Trumpet Shank)
    (Gold)
    販売価格:
    ¥35,200(税込)
    ¥32,000(税抜)
    在庫:
    国内外問わず、話題沸騰の“Jun’s Renaissance Brassworks”のトランペット用マウスピース。

    プロの演奏家としての経験も豊富な池辺純氏により、自らに経験と独自の発想のもと製作されています。
    リム、カップ、バックボアの形状、マウスピース自体の肉厚を綿密に計算し、削り出したこのマウスピースは口当たり、吹奏感、ピッチセンター、楽器の鳴り、どれをとっても最高峰です。

    こちらの“JRB P2”はピッコロトランペットなどの高音域用マウスピースの決定版して人気を博している“JRB P1”とリムは基本的に同じで若干カップに容量を持たせたモデルです。

    また、“Sonic Mouthpiece”と名付けられたこの外形はマウスピースから楽器側までの肉厚を考慮してデザイン。
    リム側を厚めにしてカップ、バックボアと肉厚が段々薄くなり楽器側に繋がっていきます。 こうすることにより楽器本体がより共鳴しやすくなります。 リムで余分な振動のブレを抑えて楽器管体で存分に共鳴されます。

    今まで、ピッコロトランペット用のマウスピースの選択に苦労されていた方も多いはず。
    先ずはこちらをお試しください!

    ※こちらのマウスピースはトランペットシャンクです。


    製作者「池辺純氏」からのコメント
    こちらの“P2”は今まで出していた“P1”よりもホンのちょっとカップに容量があるタイプですがリムは基本的に“P1”と同じです。

    通常のBb、C管でちょっと深めのマウスピースを使われていてBACHなどでいうEカップなどへの移行が難しく感じている方やEカップだとちょっと甲高く感じてもう少しふくよかさが欲しい方にお薦めです。
    いわゆるDカップとはちょっと違うかもしれません。
    先入観無しで試されてみていただけたら幸いです。
    仕上げは金メッキ3ミクロン、下地銀メッキ3ミクロンを施しております。


    ※仕様、外観および価格は予告無く変更される場合がございます。
    ※手工業的に製作されているため、演奏感覚的に影響のない小さな傷などがリムなどにもある場合がございます。また、演奏には支障のない若干のメッキむらがある場合がございます。
    ※こちらのマウスピースには製品用のポーチや化粧箱はございません。
    ※製造時期により、モデル名刻印などが異なる場合がございます。
    ※マウスピースは店頭でも販売しているため、多少の試奏痕がある場合がございます。
    何とぞ、ご了承ください。


    ■ご購入に関するご案内
    ※こちらの販売価格は、山野楽器 管楽器オンラインショップ(仙台店2F管楽器フロア掲載分)のみの販売価格となります。山野楽器各店での取り扱い価格、サービス内容は異なる場合がございます。
    ※こちらの商品は店頭販売もしておりますので、ご注文をいただいた時点で、既に販売済みや商談中になっている場合がございます。店舗でのご試奏やご購入をお考えの方は、事前に在庫の有無をご確認いただけますようお願いいたします。
    ※梱包の都合上、発送まで1週間ほどいただく場合がございます。
  • Jun's Renaissance Brassworks Piccolone JRB P1 H.T. (Trumpet Shank)
    (Champagne Gold)
    販売価格:
    ¥41,800(税込)
    ¥38,000(税抜)
    在庫:
    国内外問わず、話題沸騰の“Jun’s Renaissance Brassworks(ジュンズ・ルネッサンス・ブラスワークス)”
    プロの演奏家としての経験も豊富な池辺純氏により、自らに経験と独自の発想のもと製作されています。
    リム、カップ、バックボアの形状、マウスピース自体の肉厚を綿密に計算し、削り出したこのマウスピースは口当たり、吹奏感、ピッチセンター、楽器の鳴り、どれをとっても最高峰です。

    その“Jun’s Renaissance Brassworks(ジュンズ・ルネッサンス・ブラスワークス)”から登場したピッコロトランペット用マウスピース”Piccolone”
    ピッコロトランペット用の新たなスタンダード、決定版とも言えるマウスピースです。

    “Sonic Mouthpiece”と名付けられたこの外形は、マウスピースから楽器側までの肉厚を考慮してデザイン。
    リム側を厚めにしてカップ、バックボアと肉厚が段々薄くなり楽器側に繋がっていきます。 こうすることにより楽器本体がより共鳴しやすくなります。 リムで余分な振動のブレを抑えて楽器管体で存分に共鳴されます。

    バックボアは池辺氏考案のオリジナルのバックボア。
    ピッコロトランペットにありがちなハイトーンのぶら下がり傾向を改善し、ピストン式のピッコロトランペットにもロータリー式のピッコロトランペットにも使いやすいものとなっています。
    また、熱処理をほどこし、素材の分子構造に変化を与えています。一般的なマウスピースとまったく異なった倍音係数を持っています。
    そして、全体がサテン加工され、見た目のインパクトも大きいですが、滑らかかつ踏ん張りどころでは程よいグリップ感を生み出し、安定した演奏感覚を実現しています。

    音飛びが良く、多くの方に馴染みやすいフィーリング、テイスト。リッチなサウンドで自然な息の流れで吹ける吹奏感。
    非常に良くバランスのとれたマウスピースです。

    今まで、ピッコロトランペット用のマウスピースの選択に苦労されていた方も多いはず。
    先ずはこちらをお試しください!


    ・Piccolone P1 (トランペットシャンク)
    サイズ:7EW相当
    シャパンゴールドメッキ仕上げ、サテン加工

    ※仕様、外観および価格は予告無く変更される場合がございます。
    ※掲載商品の写真は、なるべく実物に近い色を再現しておりますが、ご覧のモニターの違いなどにより、色味が若干異なる場合がございます。
    ※手工業的に製作されているため、演奏感覚的に影響のない小さな傷などがリムなどにもある場合がございます。また、演奏には支障のない若干のメッキむらがある場合がございます。
    ※こちらのマウスピースには製品用のポーチや化粧箱はございません。
    ※製造時期により、モデル名刻印などが異なる場合がございます。
    ※マウスピースは店頭でも販売しているため、多少の試奏痕がある場合がございます。何とぞ、ご了承ください。


    ※こちらの販売価格は、山野楽器 管楽器オンラインショップ(ウインドクルー掲載分)のみの販売価格となります。山野楽器各店での取り扱い価格、サービス内容は異なる場合がございます。
    ※こちらの商品は店頭販売もしておりますので、ご注文をいただいた時点で、既に販売済みや商談中になっている場合がございます。
    店舗でのご試奏やご購入をお考えの方は、事前に在庫の有無をご確認いただけますようお願いいたします。
    また、ご試奏の際は必ずご自身の楽器をお持ちください。
  • Jun's Renaissance Brassworks Standard JRB X1
    (Silver)
    販売価格:
    ¥25,300(税込)
    ¥23,000(税抜)
    在庫:
    国内外問わず、話題沸騰の“Jun’s Renaissance Brassworks”のトランペット用マウスピース
    プロの演奏家としての経験も豊富な池辺純氏により、自らに経験と独自の発想のもと製作されています。
    リム、カップ、バックボアの形状、マウスピース自体の肉厚を綿密に計算し、削り出したこのマウスピースは口当たり、吹奏感、ピッチセンター、楽器の鳴り、どれをとっても最高峰です。

    こちらの“JRB X1”は普段1-1/4C~1Cぐらいの大きめのマウスピースをご使用の方にお薦めしたいモデルです。

    Standard Series(スタンダードシリーズ) “Resonance Mouthpiece”と名付けられた特殊な外形を採用し、幅広いダイナミックスにおいて緻密さのあるフォーカスされたサウンドを生み出します。
    スロートサイズは#26でスタンダードなバックボア、明るくフォーカスされた音色が特色です。

    こちらのResonance外形のスタンダードシリーズは現在流通している在庫限りで製造休止とのことです。
    気になる方は在庫があるうちにぜひお求めください。

    製作者「池辺純氏」からのコメント
    「Standardシリーズについて」
    今までの数多くカスタム製作を手掛けて来た経験を活かして、多くの方に馴染みやすいフィーリング、テイストを大事にしたリッチなサウンド作りと自然な息の流れで吹ける吹奏感、音離れの良さを心がけました。
    プロの演奏家の感覚で試奏と調整を繰り返して1本1本丁寧に根気よく仕上げました。
    手作業ですので1つ1つに違いがありますが、違いが 「良し悪し」でなく「個性」や奏者の好みで選択が分かれるフィーリングになるように努力いたしました。

    「JRB X1について」
    マウント・ヴァーノン時代のBach 1Cを参考にして製作いたしました。
    が、盲目的なコピーというより良い意味でまったくの別物です。
    現行の1Cがいかにオリジナルよりも大きくなってしまっているかは実感できると思いますが、このモデルも厳密に言えばオリジナルのマウント・ヴァーノン1Cよりはほんの少しだけ口径は大きめです。
    現在の1-1/4Cサイズを使われている人にも違和感無く移行できると思いますし、1Cをご使用になられている方も容易にコンパクトで良いアーティキュレーションで演奏することができると思います。

    ※仕様、外観および価格は予告無く変更される場合がございます。
    ※こちらのマウスピースには製品用のポーチや化粧箱はございません。
    ※製造時期により、モデル名刻印などが異なる場合がございます。
    ※マウスピースはメッキ検品、店内試奏のため、入荷時に内袋から取り出しています。
    また、店頭でも販売しているため、多少の試奏痕がある場合がございます。
    ※輸入元および当店の検品基準により商品の選別はしておりますが、輸入商品につき、演奏には支障のない若干のメッキむらや輸送中についてしまった擦り傷がある場合がございます。
     何とぞ、ご了承ください。


    こちらの販売価格は、山野楽器 管楽器オンラインショップ(ウインドクルー掲載分)のみの販売価格となります。
    ウインドクルー店頭並びに山野楽器各店での取り扱い価格、サービス内容は異なる場合がございます。

    また、こちらの商品は店頭販売もしておりますので、ご注文をいただいた時点で、既に販売済みや商談中になっている場合がございます。
    あらかじめご了承ください。

  • Jun's Renaissance Brassworks Standard Lite JRB X1
    (Silver)
    販売価格:
    ¥27,500(税込)
    ¥25,000(税抜)
    在庫:
    国内外問わず、話題沸騰中の“Jun’s Renaissance Brassworks(ジュンズ・ルネッサンス・ブラスワークス)”のトランペット用マウスピース。
    プロの演奏家としての経験も豊富な池辺純氏により、自らに経験と独自の発想のもと製作されています。
    リム、カップ、バックボアの形状、マウスピース自体の肉厚を綿密に計算し、削り出したこのマウスピースは口当たり、吹奏感、ピッチセンター、楽器の鳴り、どれをとっても最高峰です。

    こちらの”Standard Lite(スタンダードライト)”シリーズ STEP(ステップ)外形と名付けられた他に例を見ない斬新な外観。
    近年、各メーカーから発表される楽器本体もやや軽く明るいサウンドがする傾向になりつつありますが、それらの楽器との相性を考慮し、製作されました。
    スロートサイズは#26でスタンダードなバックボア、緻密かつ響きの豊かなサウンド、反応が良くコントロール性も抜群です。

    全体がヘアライン加工され、見た目のインパクトも大きいですが程よいグリップ感を生み出し、安定した演奏感覚を実現しています。

    こちらの“JRB X1”は普段1-1/4C~1Cぐらいの大きめのマウスピースをご使用の方にお薦めしたいモデルです。

    製作者「池辺純氏」からのコメント
    「JRB X1について」
    マウント・ヴァーノン時代のBach 1Cを参考にして製作いたしました。
    が、盲目的なコピーというより良い意味でまったくの別物です。
    現行の1Cがいかにオリジナルよりも大きくなってしまっているかは実感できると思いますが、このモデルも厳密に言えばオリジナルのマウント・ヴァーノン1Cよりはほんの少しだけ口径は大きめです。
    現在の1-1/4Cサイズを使われている人にも違和感無く移行できると思いますし、1Cをご使用になられている方も容易にコンパクトで良いアーティキュレーションで演奏することができると思います。


    ※仕様、外観および価格は予告無く変更される場合がございます。
    ※こちらのマウスピースには製品用のポーチや化粧箱はございません。
    ※製造時期により、モデル名刻印などが異なる場合がございます。
    ※マウスピースはメッキ検品、店内試奏のため、入荷時に内袋から取り出しています。
     また、店頭でも販売しているため、多少の試奏痕がある場合がございます。
    何とぞ、ご了承ください。
    ※掲載商品の写真は、なるべく実物に近い色を再現しておりますが、ご覧のモニターの違いなどにより、色彩が若干異なる場合がございます。


    ※こちらの販売価格は、山野楽器 管楽器オンラインショップ(ウインドクルー掲載分)のみの販売価格となります。山野楽器各店での取り扱い価格、サービス内容は異なる場合がございます。
    ※こちらの商品は店頭販売もしておりますので、ご注文をいただいた時点で、既に販売済みや商談中になっている場合がございます。店舗でのご試奏やご購入をお考えの方は、事前に在庫の有無をご確認いただけますようお願いいたします。

  • BRESLMAIR TRUMPET Mod.KUHN
    販売価格:
    ¥17,765(税込)
    ¥16,150(税抜)
    在庫:
    ウィーン郊外に工房を構えるマウスピースメーカー、“Breslmair(ブレゼルマイヤー)”
    特にロータリートランペット用のマウスピースは大変有名で、ウィーンフィルをはじめ、多くの著名なプレイヤーが愛用しています。
    ロータリートランペットを吹くプレイヤーならば必ず1本は持っていると言っても過言ではありません。

    マイスターのKarl Breslmair(カール・ブレゼルマイヤー)氏の父親の代からその歴史が始まります。
    1968年、Helmut Wobisch(ヘルムート・ヴォービッシュ)氏をはじめとするウィーンフィルのトランペット奏者のために最初のマウスピースを製作しました。
    それ以来、Breslmair(ブレゼルマイヤー)のマウスピースはウーン音楽の発展に大きく貢献してきました。

    Karl Breslmair(カール・ブレゼルマイヤー)氏はウィーン・シュヴェヒアート空港の管制官も務めたという異色の経歴の持ち主です。その理系の頭脳を活かし、多くのプレイヤーたちから得た情報、ノウハウをコンピューターに入力し、伝統の音色を守りつつ、現代のプレイヤーのニーズに対応したマウスピースを製作しています。

    近年大量生産されるマウスピースもコンピューター制御の旋盤(CNC旋盤)で削り出されますが、その精度は旋盤自体の整備、調整がきちんとされてなければ保つことはできません。
    Breslmair(ブレゼルマイヤー)のマウスピースは削り出す刃の定期的な整備など、旋盤自体の徹底的な管理、旋盤操作の技術、最終的な手作業による調整によって生み出されます。
    近年では各メーカーのロータリートランペットの特性を最大引き出す、それぞれのメーカーの名を冠するモデル、ロータリートランペット用のみならずさまざまなジャンルの楽器に対応したマウスピースも製作しています。

    現在はKarl Breslmair(カール・ブレゼルマイヤー)氏の息子のLukas Breslmair(ルーカス・ブレゼルマイヤー)氏も製作に携わり、伝統を引き継いでいます。


    こちらのマウスピースは、多くのプレイヤーが愛用するKuhn(キューン)のロータリートランペットの性能を引き出すために設計された“Modell Kuhn”。
    Kuhn(キューン)のロータリートランペットとの相性が抜群ですが、他ブランドのロータリートランペットやピストントランペットにももちろんご使用いただけます。

    ■Modell Kuhn
    リムナンバー:112
    内径:16.645mm
    外径:27.20mm
    カップ:M(普通 Bach Cカップに近い)
    スロート:3.80mm
    バックボアナンバー:B(細い 楽に演奏しやすい)
    ※バックボアの太さはBreslmair(ブレゼルマイヤー)のバックボアの中での比較表現です。
    Bach/YAMAHAシャンク
    銀メッキ仕上げ

    ※仕様、外観および価格は予告無く変更される場合がございます。
    ※製造時期により、モデル名刻印やパッケージが異なる場合がございます。
    ※マウスピースはメッキ検品、店内試奏のため、入荷時に内袋から取り出しています。 また、店頭でも試奏、販売しているため、若干の試奏痕がある場合がございます。
    ※輸入元、当店の検品基準にもとづき商品の選別はしておりますが、輸入商品につき、多少の傷や打痕、メッキムラなどがある場合がございます。
    何とぞ、ご了承ください。
    ※掲載商品の写真は、なるべく実物に近い色を再現しておりますが、ご覧のモニターの違いなどにより、色合いが若干異なる場合がございます。
    ※輸入品につき、パッケージに輸送中のダメージがある場合がございます。

    ※こちらの販売価格は、山野楽器 管楽器オンラインショップ(ウインドクルー掲載分)の販売価格となります。
    ウインドクルー店頭ならびに山野楽器各店での取り扱い価格、サービス内容は異なる場合がございます。
    また、こちらの商品は店頭販売もしておりますので、ご注文をいただいた時点で、既に販売済みや商談中になっている場合がございます。
    店舗でのご試奏やご購入をお考えの方は、事前に在庫の有無をご確認いただけますようお願いいたします。
    また、ご試奏の際は必ずご自身の楽器をお持ちください。
    ※梱包の都合上、発送まで1週間ほどいただく場合がございます。


  • Greg Black 3C (#6バックボア) Regular Weight
    (Silver)
    滅多に入荷しない名工の手による究極のトランペット用マウスピース
    販売価格:
    ¥29,920(税込)
    ¥27,200(税抜)
    在庫:
    世界中の金管楽器奏者からの支持を集めているアメリカの金管楽器マウスピースメーカー、 Greg Black(グレッグ・ブラック)。
    現在でも製造されているにも関わらず、これほどまでに伝説化されているマウスピースは他には無いのではないでしょうか。
    演奏感覚面での極めて高い完成度を維持するために決して大量生産に走ることなく、非常に入手困難なマウスピースとして知られています。
    ひとたび入荷してもすぐに完売してしまいます。

    “Greg Black(グレッグ・ブラック)”はマウスピース界のレジェンド、Giardinelli(ジャルディネリ)の工房にてカスタムマウスピースの製作に従事しました。
    その後1990年にジャルディネリの副店長であり、マウスピース部門の責任者であったジェフ・ヒルと共に独立 BLACK^HILL(ブラック・アンド・ヒル)の生産を開始します。
    さらに5年後そのジェフ・ヒルが業界から引退後、自身の会社を設立し、現在にいたります。

    “Greg Black(グレッグ・ブラック)”のマウスピースはニューヨークフィル首席トロンボーン奏者のジョセフ・アレッシ氏が使用していたことから、日本ではトロンボーン用マウスピースのイメージが強いかもしれません。ですが、Greg Black(グレッグ・ブラック)氏自身はニューヨークでプロ奏者として活動した経験のあるトランペットプレイヤーなのです。
    アメリカでは生前のディジー・ガレスピーをはじめとするジャズプレイヤーから西海岸のスタジオプレイヤー、さらにはオーケストラ奏者にいたるまで、トランペットプレイヤーの間でもGreg Black(グレッグ・ブラック)氏の製作するマウスピースは絶賛されています。

    ほどよい重量感のあるマウスピース。芯のあるしっかりとした響きでありながら、演奏感覚面での操作性も良いという他には真似のできないマウスピース。
    ハンドメイドならではの感触、これぞ一級品!在庫のあるうちにぜひお求めください!!

    ■3C (#6バックボア) Regular Weight
    こちらのマウスピースは特注バックボアのモデルです。

    リム内径:16.5mm(.650")
    リム形状:Medium Wide
    カップ:Medium Deep
    バックボア:#6(マウントバーノンバックのバックボアをベースに製作。楽器が非常に鳴ってくれ、ジャンルに関係なくオールラウンドなバックボア)
    スロートサイズ:#27
    銀メッキ仕上げ

    ※仕様、外観および価格は予告無く変更される場合がございます。
    ※製造時期により、モデル名刻印やパッケージが異なる場合がございます。
    ※マウスピースはメッキ検品、店内試奏のため、入荷時に内袋から取り出しています。 また、店頭でも試奏、販売しているため、若干の試奏痕がある場合がございます。
    ※輸入元、当店の検品基準にもとづき商品の選別はしておりますが、輸入商品につき、演奏には支障のない若干のメッキむらや輸送中についてしまった擦り傷などがある場合がございます。何とぞ、ご了承ください。

    ※こちらの販売価格は、山野楽器 管楽器オンラインショップ(ウインドクルー掲載分)のみの販売価格となります。山野楽器各店での取り扱い価格、サービス内容は異なる場合がございます。
    また、こちらの商品は店頭販売もしておりますので、ご注文をいただいた時点で、既に販売済みや商談中になっている場合がございます。
    店舗でのご試奏やご購入をお考えの方は、事前に在庫の有無をご確認いただけますようお願いいたします。
    また、ご試奏の際は必ずご自身の楽器をお持ちください。
  • Greg Black NY Legend “6M”
    (Silver)
    滅多に入荷しない名工の手による究極のトランペット用マウスピース
    販売価格:
    ¥29,920(税込)
    ¥27,200(税抜)
    在庫:
    世界中の金管楽器奏者からの支持を集めているアメリカの金管楽器マウスピースメーカー、 Greg Black(グレッグ・ブラック)。
    現在でも製造されているにも関わらず、これほどまでに伝説化されているマウスピースは他には無いのではないでしょうか。

    演奏感覚面での極めて高い完成度を維持するために決して大量生産に走ることなく、非常に入手困難なマウスピースとして知られています。
    ひとたび入荷してもすぐに完売してしまいます。

    “Greg Black(グレッグ・ブラック)”はマウスピース界のレジェンド、Giardinelli(ジャルディネリ)の工房にてカスタムマウスピースの製作に従事しました。
    その後1990年にジャルディネリの副店長であり、マウスピース部門の責任者であったジェフ・ヒルと共に独立 BLACK^HILL(ブラック・アンド・ヒル)の生産を開始します。
    さらに5年後そのジェフ・ヒルが業界から引退後、自身の会社を設立し、現在にいたります。

    今回入荷しましたのはGreg Black(グレッグ・ブラック)がかつて在籍していた Giardinelli(ジャルディネリ)で製作されていたスタイルのマウスピース、“NY Legend”シリーズです。
    単にGiardinelli(ジャルディネリ)時代のマウスピースを復元させるのではなく、ネック部分のデザインなどにGreg Black(グレッグ・ブラック)ならではのテイストが盛り込まれています。
    昨今、Giardinelli(ジャルディネリ)スタイルのマウスピースは他社からも発売されていますが、自身が真の後継者と言わんがばかりの情熱をマウスピースとそのサウンドから感じとることができます。

    “Greg Black(グレッグ・ブラック)”のマウスピースはニューヨークフィル首席トロンボーン奏者のジョセフ・アレッシ氏が使用していたことから、日本ではトロンボーン用マウスピースのイメージが強いかもしれません。ですが、Greg Black(グレッグ・ブラック)氏自身はニューヨークでプロ奏者として活動した経験のあるトランペットプレイヤーなのです。
    アメリカでは生前のディジー・ガレスピーをはじめとするジャズプレイヤーから西海岸のスタジオプレイヤー、さらにはオーケストラ奏者にいたるまで、トランペットプレイヤーの間でもGreg Black(グレッグ・ブラック)氏の製作するマウスピースは絶賛されています。

    芯のあるしっかりとした響き、ハンドメイドならではの感触、これぞ一級品!在庫のあるうちにぜひお求めください!!


    ■NY Legend 6M
    ※Greg Black NY Legend シリーズのスペックは明らかにされておりません。
    Giardinelliから発表されていたスペックを参考までに記載いたします。

    リム内径:16.7mm
    カップ:Medium(目安:BACHのCカップよりやや浅い)
    銀メッキ仕上げ

    ※仕様、外観および価格は予告無く変更される場合がございます。
    ※製造時期により、モデル名刻印やパッケージが異なる場合がございます。
    ※マウスピースはメッキ検品、店内試奏のため、入荷時に内袋から取り出しています。 また、店頭でも試奏、販売しているため、若干の試奏痕がある場合がございます。
    ※輸入元、当店の検品基準にもとづき商品の選別はしておりますが、輸入商品につき、演奏には支障のない若干のメッキむらや輸送中についてしまった擦り傷などがある場合がございます。何とぞ、ご了承ください。

    ※こちらの販売価格は、山野楽器 管楽器オンラインショップ(ウインドクルー掲載分)のみの販売価格となります。山野楽器各店での取り扱い価格、サービス内容は異なる場合がございます。
    また、こちらの商品は店頭販売もしておりますので、ご注文をいただいた時点で、既に販売済みや商談中になっている場合がございます。
    店舗でのご試奏やご購入をお考えの方は、事前に在庫の有無をご確認いただけますようお願いいたします。
    また、ご試奏の際は必ずご自身の楽器をお持ちください。
54件あります